カエルのロバートの湘南・神奈川グルメレポ。

ロバートの食旅。

フランス 海外

【フランス出張編】行きつけのブーランジェリーでなつかしの本場バゲット&クロワッサン!

更新日:

こんにちは、ロバートなんだなん。

今日からフランス出張編!

おいらが前に住んでいた南フランスのニースからお届けするよ。

今回は用事があって来たので4泊6日の短い滞在だけど、お気に入りのお店巡りをするつもりなんだな〜。

初日は夕方にニースに着いたのでひとまずホテルにチェックインしてからブラブラとお散歩。

地中海の景色も旧市街の街並みも全部懐かしい!そしてほんと美しい!心が洗われるんだなー。

IMG_5736

ともかくフランス初日はなによりも楽しみにしていたブーランジェリー(パン屋さん)へ。

近所だったのでよく通っていたパン屋さんを訪れてみたよ。

 

店名:Le Fournil Niçois(ル フールニル ニソワ)

アクセス:マセナ広場から徒歩約10分

アクセス

ニースの中心地・マセナ広場からRue Gioffrede(ル ジオフレド)を右にまっすぐ進んでつきあたりの交差点の手前にお店はあるよ。

IMG_5751

Le Fournil Niçoisという名前はあとから調べて知ったんだなん。。。

フランスのパン屋さんあるあるなんだけど、お店の名前が分からないことが多い。笑。

なのでおいらは好きなパン屋さんの名前をひとつも分かってなくてあとで調べられなくて苦労してるんだよね。

メニュー

フランスのパン屋さんはほとんどの場合カウンター式で、店員さんに言ってとってもらうよ。

パンの名前や値段が分からないこともしばしば。。。

そんなときは欲しいものを指差しながら「Qu'est-ce que c'est?(ケスクセ?)/これは何?」や「C'est coute combien?(セクートコンビヤン?)/これいくら?」なんて聞いてみてね。

 

さてこちらのお店の品揃えは・・・サンドイッチからシンプルなパン、ケーキまで幅広く揃えているよー。お値段も市街地から少し離れているから比較的安め。バゲット1本90サンチーム(115円くらい)だよ。

ロバートチョイス

おいらはいつものバゲット(90サンチーム)とクロワッサン(80サンチーム)を買ったよー。

フランスのバゲット(フランスパン)は日本と違って細めでとってもパリパリふわふわだから、一回で1人1本食べることは割と普通なんだなん。

お味

ホテルに戻っていただきます!

袋を開けるとパンの香ばしい香り!

IMG_5755

まずはクロワッサン。

一口かじるとサクサクっとした食感とあとからふわ〜っとバターの香り!

あー、これが求めてたクロワッサンだ。日本じゃなかなかこの味にたどり着けないからやっとフランスに帰ってこれてよかった〜!

 

続いてバゲット。こちらは何もつけずに手でちぎってパクリ。

皮がパリッパリで中はふわふわ!このバランスも日本じゃ味わえないよねー!ほんとおいしい!

フランス人が1日に何本もバゲット食べちゃう理由がほんとわかる。

そのくらいすっごくおいしい!

約4年ぶりの本場フランスのパンとの再会だったけど相変わらずとっても美味しくて大満足でした。

1本ペロリと完食♪ごちそうさまでした。

まとめ

フランス1日目は夢にまで見た本場のパンとの再会!

明日からはニースを始め、近場のイタリアや近郊の街のグルメを紹介するよ。

楽しみにしててね。

 

それじゃあまた。

●ロバート●

 

☆「いい記事!」と思ったら応援にポチっと宜しくお願いします☆
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


グルメ ブログランキングへ

手数料

-フランス, 海外
-, , , ,

Copyright© ロバートの食旅。 , 2019 All Rights Reserved.